軽作業 バイト 短期

工場での軽作業

年末年始は、食べ物がよく売れます。

 

そのため、食品工場が短期のバイトを募集することが多いです。

 

仕事の内容は、ほとんどのところがラインに入って、
同じ仕事をひたすら繰り返す、というものです。

 

どんな品物を扱うかによって、作業の内容も変わってきます。

 

結構時給も良いですし、工場によっては崩れてしまったものや
余ったものをもらえたりするのでラッキーですよ。

 

 

>>軽作業のバイトを探す

山崎パンで深夜のアルバイト

仕事内容は?

お正月シーズンはケーキがよく出るのでもっぱら
ケーキに使うためのイチゴのヘタをとる作業と

 

レーンから流れてくるケーキを一個一個手でケースにつめる作業。

 

勤務地、時給は?

山崎パンの工場 時給は1000円くらい。

 

楽しかったこと、やってよかったと思ったことは?

年末年始はだいたい働いているメンバーは一緒なので、
仕事中に年越しを迎えると、イチゴのヘタを取りながら
お互いに「あけましておめでとう。」と言い合ったりしました。

 

なんとなくうれしかったです。

 

休憩時間は2時間あって、その間に食堂でご飯を食べるのだけれど、
定食にお雑煮がでたりして、お正月気分を味わえました。

 

寒い時期だったのですごくあったまった思い出があります。

 

ちょうど仕事が終わるのが午前5時ころで、
帰りは人生ではじめての初日の出を見ることができました。

 

辛かったこと、大変だったことは?

基本的に立ちっ放しなので、それは大変でした。

 

しかもケーキを作る部屋は基本的にすごく寒くて、
イチゴもつまむと冷たくて、作業が終わる頃には指先まで冷たくなっていました。

 

数名の社員さんが監修しているのですが、
中にはお局さまみたいな社員さんもいて、
ミスをすると「何やってんだよ!おい!」と男みたいな口調でしかられたりしました。

 

アルバイトの感想

山崎の製品は私も好きでよく口にしているのですが、
実際に働いてみて、改めて食べ物を作る大変さを実感しました。

 

自分が作ったケーキがお店に並んでいるかと思うとうれしい反面、
これを作ったときの苦労や、寒さを思い出す日々がつづきました。

 

おそらく、接客などができない人が
ヤマパンのアルバイトは簡単だろうと思って応募してくると思うのですが、

 

実はまったく違って、体力と忍耐が必要なのがわかりました。

 

途中からこなくなった人もいましたし、
最後までやり終えられたら、それは素直に自分の力を褒めてあげていいと思います。

 

 

>>軽作業のバイトを探す